AIゴルフ総研は、皆様の大切な資産であるゴルフ会員権を安心して保有していた だくための研究を続けております。
今後もより正確で、便利な、多くの情報サービスを提供して参ります。


AIゴルフ総研 > サービス規約

サービス規約

サービスプランの確認|▼ご契約について| お申し込み・お問い合わせ
ご契約の概要|▼サービス規約

AI(エーアイ)ゴルフ総研 法人サービス規約

第 1 条 (本会の名称)
本会は、AIゴルフ総研 WEB法人所有会員権サポートサービス(以下、AIゴルフ総研)と称します。
第 2 条 (本会の運営)
本会の運営は、株式会社アペックス・インターナショナル(以下、当社と称する)内に置くAIゴルフ総研事務局(以下、事務局と称する)で行います。
第 3 条 (本会の目的)
本会は、AIゴルフ総研に入会した法人(以下、会員と称する)のゴルフ会員権管理の効率化とゴルフ業界の健全な普及と発展に寄与することを目的とします。
第 4 条 (入会手続)
1.AIゴルフ総研のサービスを希望する法人は、事務局の指定する登録申込書に必要事項を記入捺印し、会員の所有する会員権の必要情報を事務局に提出していただきます。また、第7条定める年会費又は登録料を納入していただきます。
2.本会の会員資格は、会員より入会の申込を受け、事務局が承認した日より1年間とし、期間満了の2か月前までに、双方より書面による退会申請がなされない限り、自動更新されるものとします。
第 5 条 (総合サービス内容)
事務局は、会員の所有するゴルフ会員権を精査し、同会員権に関する情報をAIゴルフ総研の会員権管理システムに登録します。これにより、会員はAIゴルフ総研の会員権管理サイトにアクセスし、自社所有のゴルフ会員権の詳細閲覧やサイト独自の管理ツール使用などのシステムを利用できるものとします。会員にはフルサポートコースとライトプランコースがありそれぞれ受けられるサービス内容がコースにより異なります。
第 6 条 (事務局の情報管理業務とその内容)
1.事務局は、会員が所有するゴルフ会員権に対し、精査・整理・メンテナンス等の管理業務を、善良なる管理者の注意をもって遂行するものとします。その業務内容は以下のとおりとします。
  総合情報の作成
  実勢相場及び時価評価証明書の発行
  格付評価表作成
  法人内書換書類と入会条件の提示(ライトプランは無し)
  年会費情報の提示(ライトプランは無し)
  抵当権・根抵当権状況の提示(ライトプランは無し)
  予約方法の提示(ライトプランは無し)
  最新情報の配信(倒産等法的申請などを含む)
  預託金据置期間延長・株式化等ゴルフ場の提案等に対する検討と報告
2.前項△膨蠅瓩訃斂製餤擇哭に定める評価表その他AIゴルフ総研を通じて事務局が会員に提供する一切の情報については、AIゴルフ総研が独自のシステムにより集約し、分析した情報であり、会員はそのことを了解した上で、当該情報を利用するものとします。
第 7 条 (年会費と登録料)
1.管理対象情報:会員の所有する全ての国内ゴルフ会員権に関する情報
2.年会費及び登録料:会員の所有するゴルフ会員権の数によって下記の通り定めます。
 *AIGフルサポートプラン 基本契約料(年会費):
    50,000円(+消費税)
  但し、10コースを超える場合、1コースにつき1,500円(+消費税)を加算します。
  途中コース数に変動があった場合は、年度更新時に加減するものとします。
 *AIGライトプラン 初年度登録料:
    50コースまで 30,000円(+消費税)
    51コース以上 60,000円(+消費税)
  追加登録は1コースにつき3,000円(+消費税)の費用が発生します。
3.年会費及び登録料は途中解約されても一切返金されないものとします。
第 8 条 (年会費と登録料等の支払)
1.情報管理料
〇務局は、会員に対し、情報管理開始月の当月末までに、前条に定める1年間の情報管理料を請求し、会員は情報管理開始月の翌月末までに、事務局の指定する銀行口座に支払うものとします。
▲侫襯汽檗璽肇廛薀鵐魁璽垢硫餔資格の更新の場合、事務局は会員に対し、更新月の末日までに前条に定める情報管理料を請求し、会員は、更新月の翌月の末日までに、事務局の指定する銀行口座に支払うものとします。
2.AIゴルフ総研を通じたゴルフ会員権取引に関する代金の支払について
会員が所有されるゴルフ会員権を売却する場合は、事務局は、会員権代金、仲介手数料、年会費の精算を含めた差引精算代金を、物件引渡し前日までに会員の指定する銀行口座に振込むものとします。会員がゴルフ会員権を購入する場合は、会員権代金、仲介手数料、年会費の精算を含めた差引精算代金を事務局が会員に対し物件引渡し当日までに請求し、会員は取引日翌日までに事務局の指定する銀行口座に振込むものとします。売却及び購入における支払日の期日に関しては双方の合意がある場合はこの限りではありません。
第 9 条 (サイト利用による会員のID管理責任)
会員によるAIゴルフ総研サイト情報の利用にあたり、会員は利用責任者1名を取り決めて、事務局に報告をし、事務局は、当該利用責任者に対し、サイトアクセス専用のIDとパスワードを発行いたします。会員及び事務局は、発行されたIDおよびパスワードを厳重に管理し、第三者へ漏洩しないよう努め、事務局は会員から開示された情報につき、事務局の管理責任者が厳重な管理を行うものとします。事務局の過失なく、会員の所有するゴルフ会員権の情報が漏洩した場合には、事務局の責任は生じないものとします。
第10条 (届出事項の変更)
会員は、所在地、称号、連絡先、担当者等の変更及び登録ゴルフ会員権に関し記名者の変更、売却、ゴルフ会員権の新規購入等があった場合には、速やかに事務局まで連絡するものとします。
第11条 (秘密漏洩禁止)
会員と事務局は互いに本会の履行を通じて知り得た、会員及び事務局の営業に関する一切の事項、秘密、情報を他の目的に利用したり、第三者に漏洩または開示してはなりません。会員は、AIゴルフ総研より提供を受けた情報について、第三者に漏洩、開示及び依頼をしてはならないものとします。
第12条 (事務局の個人情報の扱いについて)
1.事務局は、個人情報保護の重要性を認識し、管理業務の遂行にあたっては、法律、施行令、所管轄庁が策定する個人情報に関するガイドライン等、及び会員の指示、事務局の定める保護規定、その他関係法令を遵守するものとします。
2.事務局は、管理業務を遂行するに当り、会員から提供された個人情報について、不正なアクセス又は紛失、破壊、改ざん、漏洩等の防止に人的、物理的、及び技術的な安全対策を講ずるものとし、安全管理が図られるよう、必要かつ適切な措置を行います。
第13条 (退会)
会員は、事務局の指定する所定の手続きにより退会することができます。
この場合情報管理料は途中解約されても一切返金されないものとします。
第14条 (会員資格の停止・除名)
以下の事由がある場合、会員に何ら事前の通知または催告をすることなく、会員資格を一時停止し、または除名することができるものとします。ただし、会員が、会員資格の停止または除名となった場合、情報管理料は一切返還しないものとします。
 1.会員IDまたはパスワードおよび本サイトを不正に使用しまたは使用させた場合。
 2.会員が代金を定められた時期までに支払わなかった場合。
 3.会員に対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生の申し立てがなされた場合。
 4.その他、会員が本規約および個別規約のいずれかの条項に違反した場合。
第15条 (反社会的勢力の排除)
1.事務局及び会員は、本契約の締結交渉開始時から本契約の履行完了時までの間継続して、自己又はその役員その他自己を実質的に支配する者が暴力団、暴力団員、暴力団関係者、不法収益・犯罪収益等関連犯罪行為者、総会屋その他の反社会的勢力ではないこと、また過去においても反社会的勢力ではなかったことを表明し保証します。
2.事務局又は会員が当該表明・保証に違反した場合、相手方は何らかの催告を要せず直ちに本契約を解除することができるほか、これにより被った損害の賠償を請求することができるものとします。尚、当該解除によって表明保証違反当事者に損害または負担が生じても、表明保証違反当事者は相手方に対してその賠償を求めることはできないものとします。
第16条 (本サイトの中断、停止)
1.事務局は、以下の何れかの事由に該当する場合、本サイトの全部または一部を事前の承諾通知なく、一時中断しまたは停止することがあります。
 )椒汽ぅ箸猟鷆,里燭瓩料置、システムの保守点検、更新を行う場合。
 火災、停電、天災、システム障害などにより、本サイトの提供が困難な場合。
 I要な電気通信事業者の役務が提供されない場合 。
 い修梁勝当社が本サイトの一時中断もしくは停止が必要であると判断した場合。
2.事務局は、本サイトの提供の一時中断、停止等の発生により、会員が被ったいかなる損害についても一切の責任を負わないものとします。
第17条 (当社の責任の範囲)
1.当社は、会員が本サイトを利用する際に、コンピュータウイルスなど有害なプログラム等による損害を万が一被ったとしても保証しないものとします。
2.当社は、会員が本サイトを利用する際に使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切しないものとします。
3.当社は、会員が本サイトを利用する際に発生する通信費用について、一切負担しないものとします。
4.当社は、会員がAIゴルフ総研より提供された一切の情報に基づきゴルフ会員権の売買その他の行為により損害が生じた場合について、一切の責任を負わないこととします。
5.本条は、会員に対する当社の責任の全てを規定したものであり、当社は、当社に過失なく会員に損害が生じた場合、損害賠償その他一切の責任を負わないものとします。
第18条 (準拠法および合意管轄)
1.本規約および個別規約の準拠法は日本法とします。
2.本規約および個別規約に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第19条 (規約の変更)
事務局は、本規約を事前の承諾通知なく、変更することができるものとします。ただし、会員に損害を与えない範囲とします。本規約を変更した場合、AIゴルフ総研に関する一切の事項は変更後の規約によるものとします。
第20条 (規約に記載のない事項)
本規約に記載なき事項については、事務局において決定することができるものとします。

AIゴルフ総研へのお申し込み・お問い合わせ AIゴルフ総研へのお申し込み・お問い合わせ